ビットコインとETF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近では名前を聞かない日はない・・と思われるほど有名になってきた『ビットコイン』 

また日経新聞などでも、ほぼ連日『ブロックチェーン技術』という言葉を目にします。ちなみに『ブロックチェーン技術』というのは、『ビットコイン』という存在を成立させ続ける為のコンピュータープログラムのことを指します。

ビットコインについては、以前にもETFゲートウェイ編集部の方が書かれたこちらの記事にも詳しく解説されています。(今はやりのビットコインに投資する方法)

上場の日も近い?ビットコインETF

  『ビットコインETF』に関しては【上場間近か!】と言われながらも、201612月現在ではSEC(米証券取引委員会)から未だに上場承認がもらえずに、延期となっています。

 参考までに関連記事はこちら

 世界初の「ビットコイン上場投資信託」米SECで間もなく承認(フォーブス)

映画「ソーシャルネットワーク」でマーク・ザッカーバーグの敵として描かれたウィンクルボス兄弟。その2人は今、世界初のビットコインETF(上場投資信託)の立ち上げに向けて動いている。兄弟は6月29日、証券取引委員会(SEC)に提出した申請書にいくつかの修正を加えた。http://forbesjapan.com/articles/detail/12713

でも『ビットコインETF』・・・ってよくよく考えると何だか変ではないですか?何が変かって? ビットコインは仮想通貨ですので「通貨」であるわけです。

 ・・・ということは、じゃあ『円ETF』とか『ドルETF』が存在するのか?

 仮に『円ETF』なるものがあったとしましょう。これって価格変動しますか?・・しませんよね。1円は1円のままです。ですので、当然円に対して比較する通貨が必要になります。ということでドルと比較した円という意味で(例えば)『円ドルETF』となりますよね。

 あれっ、これってFXですよね。円とドルの交換レートという意味合いで日々価格が変動します。  

もうお分かりだと思いますが、『ビットコインETF』は→『ビットコイン(対ドル)ETF』という意味合いになります。FX風に表現すれば ”Bitcoin / USD “ということですね。

ビットコインは今や365日FXのように取引できる

実際今ではビットコインはいくつかの私設取引所で、FX感覚でレバレッジを効かせてトレードをすることができます。BidAskが表示されており、FXさながらです。 

値幅変動が大きいのが魅力ですが、当然ながらスプレッドもそれなりに大きいです。 

話は少し逸れますが、トレードの世界も私の学生時代から大きく変遷しています。私自身、学生時代から株式投資を経験していますが、時代の変遷は大雑把にこんな感じできています。

〇 株式投資 ←私の学生時代、当時世の中の定番はこれ

  ↓「売りからも入れますよ!」

〇 株式信用取引

  ↓「銘柄選別の必要がないですよ!」

〇 225先物

  ↓「24時間取引できますよ!」

〇 外国為替証拠金取引(FX)

  ↓「365日、土曜・日曜も取引できますよ!!」

★ ビットコインFX取引 ←今ここ

・・・ということで年中休みなくトレードが出来る時代になってきました。凄いですね。

ビットコインETFのメリットとは

さて、話を元に戻して『ビットコインETF』が無事に上場承認された暁にはメリットって何でしょうか? 

ビットコインは、かつて当時の最大手の私設取引所が破綻したりしてますし、今後もないとは限りません。ビットコインは現状まだまだ「あやしいもの」という認識は世間一般では強いものと思われます。そういう意味ではしっかりとSEC(米証券取引委員会)からお墨付きを貰うという安心感は計り知れません。 

ビットコインを私設取引所で取引しようが、公設取引所でETFという形で取引しようが大きく変わることはないかもしれませんが、「安全・安心」「損益通算などの税制」などが色々有利になるだろうとは想像します。ただその安心料として(?)ETFですので信託報酬のコストは発生します。 

FXに例えたならば、公設のクリック365とFX専門業者との比較がわかりやすいかもしれません。一概にどちらがいいとも言えません。頻繁に取引する人から見ればスプレッド(取引コスト)が少ない方が魅力ですし、まとまったお金で長期投資をする方には、何かあった場合の「公設取引所」という肩書の安心感はこれまた大きいものです。

仮想通貨と呼ばれるものが、これ程速いペースで浸透し、そして社会に影響を与えて来るとは、私自身の想像を大きく超えています。ビットコインのETF承認は、ビットコインの価値をまたひとつ高めるのではないかと思っております。後ろ盾の政府を持たない『通貨』が今度どのような展開を見せるのか・・非常に楽しみでもあります。

ビットコインは危険? 

突然ですが、以下は東京地方裁判所から私宛に届いた破産手続開始通知書です。

mtgox%e7%a0%b4%e7%94%a3

【破産】とは穏やかではありませんが、これは現在までのビットコイン史上最大の事件となった『マウントゴックス(MTGOX)事件』が発生した後に、私(青山)宛に送られて来たものです。

マウントゴックス事件の経緯

マウントゴックス事件は有名ですのでご存じの方も多いと思いますが、わかりやすく簡単に流れを説明しますと・・

——————————————

○ マウントゴックスという、2013~2014年当時世界最大のビットコイン取引所が日本の渋谷にありました(日本にありましたが、経営者はフランス人でした)。体(てい)を成した大きな会社ではなく、CEOであった『カルプレス容疑者』の実質個人会社でした。

○ 世界最大と言っても、当時はビットコインなどまだ世間一般の人は聞いたこともない存在であり、マウント・ゴックスくらいしか取引の出来る所がなかった・・・というのが実際のところ。

○ マウントゴックス自体も、元々ビットコイン専門の会社ではなくて細々とトレーディングカードなどを扱っていたのですが、たまたま扱ったビットコインが大ヒットしたわけです。

○ しかし、ある日突然ですが、顧客からマウント・ゴックスへの出金要請が滞り始める。

○ 顧客が異変に気づき始めて、まさに取り付け騒ぎの様相に発展。ここでマウントゴックスのCEOであった『カルプレス容疑者』は突然「全ての取引停止」を発表。

○ 3日後に倒産(民事再生法を申請)。当初『カルプレス容疑者』は「ハッカーによってビットコインが大量に盗まれた」と主張

○ しかし、当局が調査を進めるとハッカーからの盗難の痕跡はなく、『カルプレス容疑者』による私的な資金流用が倒産の主な原因・・・と疑われている

—————————————–

これが現在の状況です。私の所に裁判所からマウントゴックスの破産手続開始通知書が届いたということは・・・そうです、私もマウントゴックスへの債権者なのです。

つまり、マウントゴックスが破産したあとに残った資産を債権者で分け合う事になりますが、私にもその権利があるということです。しかし、分け合うとは言ってもお金がなくなって破産しているわけですから、ほとんど戻りが期待できないことに変わりはありません。

証券会社(FX会社)に例えれば「証拠金が残っていたのに証券会社(FX会社)が破綻してしまって証拠金が戻ってこない状態」というわけです。

証券会社やFX会社であれば信託保全がされている 

今話しをわかりやすくする為に、証券会社(FX会社)を例に出しましたが、実際には証券会社(FX会社)が破綻しても『証拠金は全額戻ってきます』。それは国によって、ちゃんと法整備がされているからです(証拠金の信託保全と言います)。

ですが、ビットコインの取引所に関しては当時法整備は全くされていませんでした。現在ではビットコインの取引会社には登録が義務付けられるようにはなりましたが、(いわゆる証拠金が全額戻ってくる)信託保全の義務は未だにありません。

ただ、取引所を運営する会社が自主的に信託保全を実施している所はあるようです。

ビットコインのリスクと可能性 

ビットコインは価格が急騰しており、今後もまだ上昇に期待ができると個人的には思っていますが、上に書いたようにマウントゴックス事件のようなリスクが発生する可能性を念頭に置いた上で取引をしないといけません

そういった意味で前回の記事でも書きました『ビットコインのETF』が実現した場合には、これは証券会社での扱いとなりますので、信託保全の対象となります(破綻の場合でも証拠金が全額戻ってくる)。 

また、ここでもうひとつ忘れてはならない大事なことがあります。ビットコインに関してはマウントゴックス事件だけでなく様々な盗難事件などが世界で発生しています。

具体例のひとつはこれ

香港のビットコイン取引所で72億円超の盗難、相場急落(ニュースウィーク日本版)

大事なことというのはつまり・・・

 【ビットコインに関する盗難などの事件は多発していますが、ビットコイン自体の弱点(脆弱性と言います)を突かれた事件は未だにひとつも発生していない】

・・・という点です。

【ビットコインは悪くない】ということですね。ここをごちゃ混ぜにしてしまってはビットコインや仮想通貨に対する将来性を読み誤ります。

例えればマウントゴックス事件は「内部者のお金の使い込み」であり、上の香港の例では「銀行強盗の被害にあった」ということです。銀行が銀行強盗に遭遇したところで、お金に罪は全くなく、セキュリティが甘かった銀行側に問題があるわけです。(もちろん強盗側が一番悪いが)

まとめ

仮想通貨は、コンピューターが絡むので苦手な人は理解が難しいと思いますが、「ビットコイン自体に弱点(脆弱性)があったのか否か?」という視点でニュースを見ることが「投資」という意味では非常に重要だと思います。

もちろんですが、未だビットコイン自体に問題が発生していないからといって、必ずしもこの先も大丈夫という保証は全くありません。

現在、米国証券取引委員会(SEC)が、ビットコインのETF承認に時間がかかっているのも、この点を判断するのに時間を要しているのではないかと思っています。

では、ビットコイン以外の仮想通貨に関してはどうでしょうか?また機会があったら書きたいと思います。

投資初心者でも簡単!高パフォーマンスの海外ETF投資を始めてみませんか?

日本国内に投資してもなかなか資産を増やすことができない。世界の成長する国や地域に投資した方がいいのは分かるけど、実際どうやって投資すればいいのだろう。。。

こんなことが気になりませんか?

  • 円からドルに交換するのは手数料もかかるし面倒だ
  • 為替変動リスクもあるのではないだろうか?
  • 米国は日本の深夜の取引なので相場変動に対応できない
  • 日本語の情報が少ないので、どのETFに投資すればいいのか分からない

 

そんな不安や煩わしさを解決してくれるサービスが、インヴァスト証券が提供する「トライオートETF」なのです。

  • 円建てでETF投資ができる
  • 投資元本に対する為替変動リスクがゼロ
  • 売買手数料はすべて無料
  • ETF初の自動売買で寝ている間もらくらく運用
  • ETF自動売買セレクトで初心者でも簡単スタート

詳しくはこちら