今注目のロボアドバイザーを徹底分析。賢い使い方とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

将来のために資産運用を始めたいとはおもっても、投資は何となく難しそうというイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。そんな初心者にピッタリと注目されているのが自動資産運用サービスの「ロボアドバイザー」。ウェブ上でいくつかの質問に答えるだけでその人に合った投資配分を提案し、さらに途中の資産配分の見直しなども自動的に行なってくれるので手間もかからないと人気が高まっています。でも本当に良いことばかりなのでしょうか?

この記事では、ロボアドバイザーの特徴を分かりやすく解説するとともに、利用する際の注意点などを詳しく解説していきます。楽して儲かる投資はありませんので、自分に合った資産運用方法を真剣に見つけたい人は、ぜひこの記事をお読みください。

1.ロボアドバイザーとは?

簡単に言うと、これまで人が行なっていた資産運用の提案や見直しを、人を介さずにコンピューター上で行なってくれるサービスです。人工知能(AI)技術を応用した個人向けの投資助言サービスとして米国から始まり、日本でもここ1、2年で大手金融機関をはじめとして一気に広がり始めました。

1-1.2つのタイプのロボアドバイザー

ロボアドバイザーには「投資アドバイス型」と「投資一任型」の2つのタイプがあります。

投資アドバイス型

  • その人の資産や目的に応じたポートフォリオ(資産配分)提案を行ってくれますが、購入および購入後の運用はすべて自分で行うサービスです。主に銀行等の大手金融機関提供しています。あくまでアドバイスに徹した銀行らしいスタンスですね。

投資一任型

  • その人に合ったポートフォリオの提案のみならず、購入後の資産配分の見直しも自動で行なってくれるサービスです。従来より富裕層向けとして提供されているラップ口座というプロに任せた資産運用サービスを、もっと手軽に誰でも利用できるようにしたのが、この投資一任型のロボアドバイザーなのです。

この記事では、この投資一任型ロボアドバイザーを深掘りしていきます。

1-2.ロボアドバイザーの仕組み

ロボアドバイザーは、ウェブ上で年齢、金融資産、投資経験、リスク許容度等いくつかの質問に答えていくだけで、各社独自のロジックに基づいてその人に最適なポートフォリオを提案してくれます。質問の数は提供業者によって異なります。投資対象は、これも各社違いはあるものの、主に投資信託や国内外のETFとなります。投資信託やETFならば、個別銘柄への投資とは異なり市場全体に投資できることから分散投資効果を見込め、さらに資産クラスも株、債券、不動産、コモディティーと分散できることから安定した運用に繋がる可能性が高くなります。

2.ロボアドバイザーの特徴

では、ロボアドバイザーの特徴を詳しく見ていきましょう。

2-1.投資に手間がかからない

通常、投資といえばどんな金融商品にいくらの資金を投じれば良いのか考えることから始まり、特に初心者は始めた後も状況をチェックしながら利益や損失に気持ちも時間も取られてしまいがちです。また利益を上げようと思えば当然勉強も必要となります。そんな投資にかかる手間や時間を解決してくれるのがこのロボアドバイザーの何よりの特徴です。

2-2.手数料など運用コストが安い

人を介したラップ口座の場合、通常、運用資産対して年間2〜3%の手数料がかかります。さらに購入している投資信託の信託報酬も間接的に負担するため、知らぬ間に意外と高い手数料を支払うことになります。これに対してロボアドバイザー手数料はどの業者でも安く設定しており、運用資産対して概ね1%以下となっています。また、投資対象が投資信託の中でも信託報酬が安いインデックスファンドや、そもそも低コストのETFとなっており、運用コストもそれほど負担にならないでしょう。

2-3.少額から投資できる

業者によって最低投資資金などを設けていることもありますが、そもそも投資信託やETFは1万円程度から購入できる金融商品なので、毎月1万円から積立投資などが可能です。また、ロボアドバイザーが提案するのは、信託報酬の高いアクティブファンド等はなく、インデックスファンドやETFなど顧客本位の金融商品を提供しているので安心できます。

2-4.自動で資産配分を見直してくれる

例えば、最初に株50%、債券50%のポートフォリオを組んだとしても、時間の経過と価格の変動とともにその比率は変化していきます。株が上昇して債券が動かなければ、時価比率で株が50%を超えてきます。その時に利益の出ている株を売却してその分債券を購入し当初の比率に調整する必要が生じます。これをリバランスと言いますが、自分で調整しようとしても経験を積まないとなかなか面倒です。ロボアドバイザーでは、これも定期的に自動で行なってくれるのです。

3.ロボアドバイザー比較

ここで、現在提供されている主な各社のロボアドバイザーサービスを比較してみましょう。

THEO(お金のデザイン)

  • 投資対象:海外ETF(30種類以上)
  • アンケート数:5問
  • 提案ポートフォリオの特徴:グロース(長期資産形成)、インカム(低リスク、配当収入重視)、インフレヘッジ(資産価値保全)の3つのカテゴリで資産を配分
  • 手数料:預かり資産3000万円まで年率1%(税抜)、3000万円以上の部分年率0.5%(税抜)
  • 最低投資額:10万円
  • 自動積立:毎月1万円から
  • リバランス:グロースは3ヶ月毎、インカム、インフレヘッジは1ヶ月毎

Wealth Navi(ウェルスナビ)

  • 投資対象:米国上場ETFから銘柄選定(2017年7月現在7銘柄)
  • アンケート数:6問
  • 提案ポートフォリオの特徴:リスク許容度に応じて資産を米国株、日本株、新興国株、米国債券、物価連動債、金、不動産の各ETFに配分
  • 手数料:預かり資産3000万円まで年率1%(税抜)、3000万円以上の部分年率0.5%(税抜)
  • 最低投資額:30万円
  • 自動積立:毎月1万円から
  • リバランス:6ヶ月毎または配分比率から5%以上乖離した資産クラスがあった場合に行う
  • その他:自動税金最適化機能(DeTAX)

マネラップMSV LIFE(マネックス・セゾン・バンガード投資顧問)

  • 投資対象:国内外ETF(約6000種類)
  • アンケート数:13問
  • 提案ポートフォリオの特徴:「ためる」「たのしむ」「そなえる」の3つの目的に応じたポートフォリオを提案
  • 手数料:純資産額に対して年率0.825%(税抜)
  • 最低投資額:1000円
  • 自動積立:金融機関からの自動引き落としはなし
  • リバランス:記載見当たらず

楽ラップ(楽天証券)

  • 投資対象:楽天証券が取り扱う2400種類以上の投資信託
  • アンケート数:16問
  • 提案ポートフォリオの特徴:診断結果に基づき国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、REIT、その他、現金/MRFの7つの資産カテゴリーに適切に資産配分
  • 手数料:(固定型)最大年率0.792%(税込)、(成功報酬型)管理費年率0.594%(税込)+運用益積み上げ額の5.4%(税込)
  • 最低投資額:10万円
  • 自動積立:なし
  • リバランス:原則、3ヶ月毎

ダイワファンドラップオンライン(大和証券)

  • 投資対象:ダイワファンドラップオンライン・インデックスシリーズに投資信託
  • アンケート数:診断メニューにより異なるが、資産状況等細かく入力が必要
  • 提案ポートフォリオの特徴:「ライフプランニング」「資産運用プランニング」「リスク許容度診断」の3つの診断メニューからプランを設計
  • 手数料:預かり資産に対して年率1%(税抜)
  • 最低投資額:50万円
  • 自動積立:なし
  • リバランス:保有資産の配分比率と基準分配比率に一定以上の乖離が生じた時

※上記は、2017年7月12日現在、各社ホームページよりインヴァスト証券調べ。詳細は各社公式サイトをご確認ください。

4.ロボアドバイザーの注意点

ここまでロボアドバイザーの特徴、いわばメリットの部分を詳しくご紹介いたしましたが、では本当に良いことばかりなのでしょうか?投資対象資産の値下がりによる損失のリスクは別にして、表面的には分かりにくいロボアドバイザーの注意点をおさえておきましょう。

4-1.投資対象が分かりにくい

投資対象は業者によって異なることは前章の比較でもご紹介した通りですが、実際に提案された投資信託やETFについて、いくら最適な金融商品だからといわれてもどんな中身なのか投資経験がある程度ないとピンとこないでしょう。もちろん調べれば分かることですが、投資初心者にはちょっとハードルが高い気がします。悪意を持って自社が儲かるものばかり組み込んでいるような業者は今どき存在しませんが、大切なお金を投資する以上、どんなものに投資しているのかは理解しておくべきです。

4-2.海外ETFには為替変動リスクがある

投資対象が海外ETFの場合、米ドル建てでの投資となります。投資するお金はすべて米ドルに交換されるため、投資対象の損益の他に、実際には米ドル円の変動リスクが存在します。米ドルから日本円に交換する際に大きく円安になっていればその分資産も増えますが、円高になっていると資産全体が減少してしまいます。ロボアドバイザーの運用は10年、20年という長期運用を想定していますが、1年間で10、20円変動する為替レートが、10年後、20年後どう変動するか分かりません。少なくとも、為替変動に対して円換算資産がどれくらい変動するのか理解しておきましょう。

(参考)1万米ドルを年3%で毎月複利運用した場合の資産推移と円資産の増減(2007年1月~)

4-3.資金を引き出したい時に数日かかる

ロボアドバイザーでは運用資金は全額対象金融商品の購入に当てられますので、資金を引き出したい時には購入している資産を売却する必要があります。引き出したい金額に応じて売却されますが、その代金が口座に反映して自分の指定口座に振り込まれるまで通常4営業日かかります。もともと長期運用前提の資金とはいえ、急な入用などがあると、4日かかるのはちょっと遅いという印象です。投資する資金は、すぐに使う予定のない資金や毎月の定期積立で利用していくのが良いかもしれませんね。

4-4.年間1%前後の手数料は本当に安いか?

手数料は業者により違いはあるものの、運用資産に対して概ね1%程度です。確かに、これまで大手金融機関が提供しているラップ口座などに比べれば大幅に低コストと言えます。運用資産100万円に対する年1%はわずか1万円ですが、積立などを行っていけば自ずと運用資産も増えていきます。

下図は、最初の運用資金100万円、翌月から毎月2万円を積み立て、年3%の利回りを毎月複利で運用した場合の資産と累積手数料(年1%)を資産したものです。126ヶ月(10年半)で投資資金352万円が400万円超になりますが、累積手数料も25万円超となります。利益が出ていればこの他にも税金の支払いもあることを考えると、年1%といっても決して安くはない水準です。

5.ロボアドバイザーの賢い使い方とは?

今まで投資にかかっていた手間をなくし、誰でも比較的少額から資産運用を始めることができるロボアドバイーザーですが、4章でお伝えしたように注意しなければいけない点もいくつかあります。それらを踏まえて、これから資産運用を始めようかと考えている方に、ロボアドバイザーの賢い使い方をアドバイスいたします。

5-1.投資初心者は自動積立でコツコツ投資がおすすめ

たとえ生活に影響のない資金があったとしても、また最適な配分で分散投資するからと言っても、いきなりまとまったお金を投資することはおすすめしません。なぜなら、価格は常に変動し、そして期待と反対に動くのが相場であり、最初から出せる資金目一杯投資してしまったら、その後値下がりした時に追加購入もできずただ値上がりを待つしかなくなります。それに対して、毎月一定金額を積立投資していけば、自分の目的にあったポートフォリオで、さらにドルコスト平均法により購入価格を平準化できるので、目先の値下がりなどあまり気にせず、10年後、20年後の資産形成を目指す運用ができるでしょう。選ぶならば自動積立ができるロボアドバイザーをおすすめします。ついでに手数料もできる限りやすい方がいいですよね。

5-2.アンケート項目は少ない方が何かと便利

3章では主なロボアドバイザーを比較しましたが、ポートフォリオ提案までの流れは業者によって様々です。実際にアンケートに回答してみると、僅か5、6問でどうして最適なポートフォリオを提案できるのか?と疑問に思ったり、一方でまるでライフプランナーに相談するかのごとく資産状況や家族の状況などを細かく入力したり、または資産運用と直接関係のないまるで占いのような質問をするところもあります。ここは個人の目的や考え方によって異なるかもしれませんが、分散投資する対象資産は業者によりある程度決まっておりリスク許容度に応じて資産を配分するだけと考えれば、変に最初からガチガチのプランを組むよりも手軽にポートフォリオを組めて、さらにちょっと違ったと思えば簡単にやり直せるほうが良いでしょう。手間をかけて入力しても、違う結果を見てみたい時に改めてその作業をするのかと思うと気が萎えてしまいすよ。

5-3.為替リスクが気なる人におすすめのサービス

主要なロボアドバイザーが投資対象としている海外ETFは、長期のパフォーマンスを比較すると明らかに国内ETFや投資信託よりも勝っていることは事実です。また、様々な資産クラスに分散できるのも海外ETFのメリットです。しかし、4-2で説明した為替リスクは排除できないため、10年後、20年後にせっかく増えた資産が円安により思った以上に増えるか、それとも円高により大きく目減りしてしまうか分かりません。残念ながら、現在のロボアドバイザーではこれを避けることはできません。

為替リスクを排除したい方はFXで相応の資産をヘッジしておく等の対処はできますが、そもそも投資初心者には何のことやら、ですよね。実は、ロボアドバイザーではありませんが、こうした為替リスクを排除して海外ETFに自動で投資できるのが、インヴァスト証券が提供するトライオートETFというサービスです。近々積立サービスも開始いたします。

 

6.まとめ

ロボアドバイザーというサービスについてご理解いただけたでしょうか。

ロボアドバイザーも数ある資産運用サービスの一つですが、人を介さずにある一定のロジックに基づいてその人にあったアドバイスをしてくれ、さらに今まで投資にかかっていた運用の手間をも省いてくれる画期的なサービスです。将来のお金に不安を持っている方は、今のうちからコツコツ投資を始めてみてはいかがでしょうか。

元手資金ゼロからはじめる世界初の資産運用

長期の資産運用方法として積立投資は一般的ですが、元手ゼロから始められる積立投資サービスがあるのをご存知ですか?

インヴァスト証券が提供する「マネーハッチ」は、クレジットカード利用時に貯まるポイントなどを積立資金とし、国内外のETF(上場投資信託)を自動売買で運用していく世界初のサービスです。

マネーハッチの3つの特徴

  • 元手資金ゼロ!クレジットカードで貯まるポイント(還元率1%)を毎月自動で積み立てる
  • インヴァスト証券のFXトレードのキャッシュバックで積み立てる
  • 海外投資の欠点「投資元本に対する為替リスク」を排除した積立投資

 

独自の自動売買手法で相場変動による資産の変動幅を抑えて安定的なパフォーマンスを目指す、まったく新しい積立投資を始めてみませんか。

マネーハッチでは、投資を始める前に実際の画面で積立の成績などをご覧いただけます。


「マネーハッチ」デモライブ画面を見る

マネーハッチ