FRBはゴールポストを動かしている? FOMCのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

連邦公開市場委員会が終了

9月20・21日の両日に渡って開催されていた連邦公開市場委員会(FOMC)が終了し、声明文が発表されました。

大方の予想通り、米国の政策金利であるフェデラルファンズ・レートは変更されず、0.50%のままでした。

声明文には「利上げを支持する条件が強まっている」という、ややタカ派な表現が盛り込まれました。それは12月14日の今年最後のFOMCで利上げされる確率が高まったことを意味します。

その反面、声明文に添付された経済予想サマリー(SEP)では、FOMCメンバーによる将来のフェデラルファンズ・レートの予想が、ざっくりと下がりました。

OMC参加者によるフェデラルファンズ・レート予想(%、FRB)

 

FRBはゴールポストを自分の都合の良いように動かしている?

イエレン議長の記者会見では、上のグラフを巡って、記者団から「FRBは自分の都合の良いようにゴールポストを動かしている」というコメントが出ました。

これについて考えてみたいと思います。

まず今回の経済予想サマリーに立ち戻ってみます。経済予想サマリーは17人のFOMCメンバーが、自分の考える経済のシナリオを持ち寄り、それを集大成したものです。

それによるとGDP予想は、ほとんど動いていません。

FOMC参加者によるGDP予想(%、FRB)

失業率の予想にも大きな変化は見られません。

FOMC参加者による失業率予想(%、FRB)

次はPCEコア・インフレ予想です。これはFRBがインフレをモニターする際、重視するデータです。こちらも殆ど変化していません。

FOMC参加者によるPCEコア・インフレ予想(%、FRB)

すると経済に関する一連の予想が殆ど変っていないのに、冒頭で示したFOMCメンバー自身の「投票意向」に相当する、フェデラルファンズ・レートだけが大きく修正されたことがわかります。だから「FRBはゴールポストを動かした」という批判が出るのは致し方ないです。

なお民間のエコノミストたちによるフェデラルファンズ・レート予想は、今回動かされたゴールポストの位置に、初めからありました。

つまりこれまでFOMCメンバーはフェデラルファンズ・レートに関しては、ずっと間違っていたのです。

今回、それが市場のコンセンサスに「さや寄せした」だけのこと……という風に、意地悪に解釈されても仕方ありません。

この批判に対し、イエレン議長は、「ニュー・ノーマルの環境下においては政策金利の軌跡(rate path)がどうなるかメンバー自身が手探りの状態に置かれている」とコメントしました。

 

現在の政策金利が「ゆるめ」であることを認めた

それからイエレン議長は「現在のFFレートは、経済の実勢に比べてアコモデーティブ(ゆるめ)だ」と認めました。

政策金利が実体経済に対してゆるめに設定されている国の通貨は、売られやすいという傾向があります。

コメントを残す

*