1月の雇用統計の結果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

非農業部門雇用者数

1月の非農業部門雇用者数は予想175千人を上回る227千人でした。

非農業部門雇用者数(千人、米国労働省統計局)

上の平均値を計算すると、毎月、195千人の雇用が追加された計算になります。

 業種別では製造業が+45千人と普段より強かったです。建設も+36千人で堅調でした。小売は+46千人でした。金融サービスは+32千人でした。

 

このように、給与水準の高い「良い仕事」の雇用が伸びているのは心強いです。

 なお例年、2月の雇用統計発表時に過去数年の数字が改訂されます。下は過去12ヵ月分がどのように改訂されたかを示しています。

非農業部門雇用者数の改訂(千人、2017年、労働省統計局)

去年分の改訂を通算すると+85千人でした。ちなみにこれは前回、すなわち20162月の年次改訂幅と全く同じでした。

 

つぎに労働力率は0.2パーセンテージ・ポイント増の62.9%でした。

米国の労働力率(%、米国労働省統計局)

長期失業者はほぼ横ばいの190万人でした。これは失業者全体の24.4%を占めました。過去1年間での長期失業者の減少幅は244千人でした。

 失業率は予想4.7%に対し4.8%でした。

米国失業率(%、米国労働省統計局)

平均時給(ドル、前月比、労働統計局)

これはやや落胆させられる伸びだったと言えるでしょう。

 賃金上昇圧力が、まだそれほど強くないということは「FRBは利上げを急ぐ必要はない」と解釈出来そうです。

 

これは「今年最初の利上げは614日のFOMCだろう」というコンセンサス意見を補強する材料だと思います。

 

マネーハッチ