2月の雇用統計の結果と3月15日の連邦公開市場委員会の見通し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

雇用統計

310日(金)に発表された非農業部門雇用者数は予想20万人に対し、235千人でした。

12月ならびに1月の数字は下のように改訂(橙色)されています。

2月の労働力率は63%でした。

失業率は4.7%でした。

平均時給は+6¢でした。

なお1月の数字は上方修正されています。

 

連邦公開市場委員会

これらのデータを総合的に眺めると、足元の雇用市場は強いと言えます。したがって今週水曜日の連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利が0.25%引き上げられ、1.0%になることは、ほぼ確実です。

 今回のFOMCでは、今年最初の経済予想サマリー(SEP)が示されます。去年12月のSEPではFOMC参加メンバーの2017年末のフェデラルファンズ・レートのコンセンサス予想は1.4%(緑色)でした。

今回のSEPで、これが動いているかどうかに注目したいと思います。

マネーハッチ   

コメントを残す

*